FC2ブログ

筋トレプログラム

こんにちは、アステップむろまちメンバーYです。少し間が空いてしまってすみません。背中の筋を痛めて動けなくなって、この一週間ほどお休みをいただいておりました。というのも、3月の頭からアステップで始まった筋トレプログラムで無理をして背筋を痛めてしまったのが原因です。


今回はその筋トレについてご紹介したいと思います。プログラムと紹介しましたが正式なものではなく、やりたい人が集まって終礼後に30分ほど取り組んでいます。なぜ突然筋トレブームが巻き起こったかというと、2月末にスポーツプログラムとして皆でスポーツジムに行ったのですが、そこで体を動かすことに目覚めてしまったことが始まりです。普段から筋トレの良さを伝えたがっていたメンバ-Uさんと、スタッフのAzさんがインストラクター役を買っていただいて、メニューを考えてもらっています。スタッフAzさんには私物の筋トレグッズを提供していただいています。そのメニューはかなり本格的で、日によって鍛える部位を決めて効果的なトレーニングになるよう考えてもらっています。無料でインストラクターがついてくれるなんてなんてお得なんでしょうか!

筋トレ


最初は数人でやっていたものが、周りで見ていた人達も巻き込んで今では10人ほどでほぼ毎日頑張っています。普段筋トレをしないようなメンバーも人が頑張っているのを見ていると自分もやりたくなってくるようです。一番素晴らしいなと思っていることは、普段あまり話さないようなメンバー同士でも交流が生まれて仲良くなれていることです。目標回数を達成したら皆で褒め称えあうという習慣もやる気アップになっています。体はきついですがとても楽しいです。

訪ねて来られた卒業生の方もびっくりされています。中には参加されていく方もいらっしゃいます。筋トレによるコミュニケーションの輪がどんどん広がっていけばいいなと思います!
スポンサーサイト



忍び寄る新型ウイルスの影

こんにちは、アステップむろまち訓練生のYです。すっかり気候が春らしくなってきましたね。行き帰りの道中ではバラが咲いていていい香りが漂っていました。今月末のスポーツプログラムでは京都府立植物園に出かけます。たくさん春を味わってこられたらと思います!
気持ちの良い気候とは逆に、残念なこともあります。新型コロナウイルスによる社会の停滞の影響がアステップむろまちにも大きく及んできました。

一つは求人や長期実習の受け入れがほぼストップしてしまいました。おかげでアステップ内にいる訓練生の人数が普段より多いです。スタッフの方々が実習の受け入れのお願いをしても「今は無理です」とことごとく断られているそうです。感染対策であることもあるでしょうが、きっと企業の方も平時とは違った対応に追われててんやわんやなんじゃないかなと思います。本当に早く社会が正常に戻ってほしいものですね。

もう一つアステップの中で変わったことがあります。それはアステップ内での感染対策ということで朝に全員検温することになりました。非接触型の温度計をおでこにかざして数秒でピッ!っと簡単に測れます。順番待ちの列はできるものの、とても早いのであまり待たなくて済んでいます。おもしろいのが、記録のためにスタッフさん2人体制で測ってらっしゃるのですが、検温担当のスタッフHsさんが平熱だと「ヘイ!」と声を出し、記録担当のAzさんが「ヘイ!」と返していることです。朝から大変な作業ですが、とても楽しそうに見えるのでこちらも楽しくなります。

他には、マスクの在庫がなくなったので訓練生でマスクを自作しています。キッチンペーパーを蛇腹のように折って輪ゴムと一緒にホッチキス止めするというものです。少し耳が痛いのですが、皆さん掃除の際には使っていただいています。

自作マスク


最初は他人事だったのに、いつのまにかアステップにも大変な影響が出ています。でも訓練生もスタッフさんも元気に頑張っています!

着任のご挨拶

初めまして!アステップむろまち訓練生のYです。この度新しく本ブログ執筆担当となりました。どうぞよろしくお願いします!

初投稿をするに当たって雰囲気を掴んでおこうと思いまして、これまで担当されてきた方々の記事を遡って読んでみました。それぞれ個性的な文章で面白いですね。お暇な方はぜひがっつり遡ってみてください。

思えば私が就労移行支援事業所を探しているとき、アステップむろまちのホームページを最初に見たときにも少し読みました。とても暖かい印象を受けて、見学に行って実際にその空気に触れてみたいなと思ったことを思い出しました。そういう意味では、そのブログを書かせていただくことになるというのは私の中で少し重荷に感じているような気がします。インターネット上でアステップむろまちってどんな所だろう?と調べている人にとって、おそらく唯一の現場からのリポートですからね。
つまり、


あることないこと書いてアステップの印象を上げるのも下げるのも私の思いのまま…!


ちょっと惹かれますが冗談です。アステップでの日常で実際にあったことや私が面白いなと思っていることをしっかり伝えて、アステップのことを知りたい誰かの参考になれば嬉しいです。

そんなわけで、これからしばらくの間は私メンバーYにお付き合い頂ければ幸いです。

自己管理を学ぶ大切さ

自己管理フリー

こんにちは、アステップむろまち・メンバーのNです。

新型コロナウイルス感染症が大変な事態になってきています。アステップむろまちやまるいクリニックのデイケアに関わった行事やイベント、基本実習なども中止や延期になったものが出てきました。ニュースを見聞きしていても、スポーツやコンサートなどが中止や延期になったりしています。アステップの施設内も消毒用のアルコールを増やしたりして、みんな気をつけていますが、就職活動のイベントやセミナーも中止になったりしてきて心配です。何とか感染拡大が治まることを祈っています。

「手洗い、アルコール消毒、うがいを外出して帰ってきたら必ず行う、それをするまでは手を口や鼻につけない」-これも大事な自己管理の一つです。

障害や病気を持ちながら、長く働き続けようとすれば、一層この「自己管理」が、色々な場面で求められてきます。アステップでは、企業へ実習に行く際、「プロフィールシート」をつくったり、面接時には履歴書とともに「ナビゲーションブック」を添付したりしています。これらは、自らの症状や障害を把握して、調子の悪い時はどう対処したり工夫するか、支援機関や相手先の企業からどういう支援や配慮が必要か、などをまとめた、ちょっとした「自分の取扱い説明書」の一部です。

 私Nで言えば、「大きな物音、感情的な怒鳴り声」にすぐ反応が出て硬直するときがあります。また、背後に立たれたり後ろから肩に触れられると人よりビクッと反応したりします。一言でいうと「ビビり」ですね。また、新しい環境や作業になれるまで、緊張でカチンカチンになるということもあったります。そのときに、私で言えばちょっと場所を移動して一人で静かに落ち着き深呼吸したり休憩する、ちょっとストレッチしたりする、おやつを食べるなどの対処法をまとめています。

私もそうした配慮をもらって実習する中で、全く初めての業種(介護)でも、「がんばっていますね」と、相手企業さんのスタッフから褒めてもらいました。「いまの自分でもいいやん」と自分をホメることができる場面が積み重なって働き続ける自信につながるのかなあ、と感じています(。-_-。)。
 
 アステップでは、「障害への対処」にとどまらず、さらに自分の個性や特長を生かして、どんな仕事にマッチングするのか、自分の内面についても深く研究したりもしています(自己理解プログラム)。さらにWRAPと呼ばれる「良い感じの自分」をめざす「自分の取扱説明書」もあります。私もこれから長期実習に入ることになりそうですが、せっかく作った「トリセツ」を活かして頑張っていきたいですね(^∇^)ノ。

小さな滝


もちろん、自分の「良い感じ」維持したり、悪くても悪いなりに対処しようとしても、生活していれば自分だけでなく周囲の環境の変化もあります。その変化によってストレスはつきものであり、どうストレスと上手く付き合っていくのか、その対処法について学び、実践することも職場で長く働く為に大切です。アステップでは毎週金曜日午前中に就労支援プログラムの一環で「ストレスマネジメント」というプログラムを行っています。
28日金曜日は、未来の精神保健福祉士めざす実習生のMさんが、3週間の実習の成果を活かすべく講義・進行役をしてくださいました。
 
 最低限の情報で、YES、NOでこたえられる質問を質問者に投げかけ答えを導きだす「なぞなぞ」を2問、1~52のカードを自分が引いた分は自分で見えないようにして他者に見えるようにして、ジェスチャーで小さい数字から並び直す、といったゲームをやりました。最後は、きれいにみんな並んで拍手!「なぞなぞ」もさすが頭を使う問題で、よい気分転換になりました(^∇^)。

 誰でも働き方によっては、健康な方でも途中で障害や病気を持つことはあり得ます。障害や病気と付き合いながら適切な支援を受けて働くという事は、結局多くの人にとって働きやすい職場につながります。そういう意味で支援者の立場にたつ方もたくさん必要です。Mさんは「少しでも利用者のみなさんに楽しんで頂ければ」との感想をおっしゃっていましたが、こういうパワフルな人が支援者になってくれると心強いなあ!と思いました(*^_^*)。

 記事の内容に共感いただけたら下記の「拍手」ボタンをポチっとしてね!SNSでの拡散も大歓迎!

出会いと別れの季節です(合同面接会)

寄せ書き

こんにちは、アステップむろまち・メンバーのNです。

春が近づいてきて、いよいよ卒業・進学などのシーズンですね。職場でも人事異動がたくさん行われます。アステップむろまちでも、いよいよ就職が決まり、卒業していくメンバーさんが続々と出てくると思います。

先日、5年前のアステップむろまちの立ち上げ当初からスタッフとして関わっているSさんが、同じ建屋のなかにある、まるいクリニックのデイケアに異動し、替わって新たにKさんがデイケアからアステップに異動になりました。この14日には「卒業」セレモニーが行われました。

Sさん、Sさんに担当してもらっていたメンバーさんをはじめ、みなさん涙、涙で、心通い合う感動的なセレモニーに。いまでこそ毎日施設内で約20人が訓練や作業を行っていますが、立ち上げ当初は数人しか集まらずどうスペースを活用するか悩んだことなど、アステップ立ち上げの際のエピソードなども聞かせてもらい、スタッフさんの努力を少し知ることもできました。Sさんには、私もSPISというWEBを活用した活動日誌で見守られ、お世話になっています。異動とはいえ同じ建屋内にいるのでまたよろしくお願いします(^-^)/。


セレモニー02

 そのSさんが、アステップのプログラムの中で受け持っていた就職活動支援のプログラムで学んだことを活かすべく!?私Nは18日の京都国際会館での合同面接会に挑みました。アステップから複数名の見学がありました。多くの障害者の求職者が集まり、私も以前病院でご一緒した方と再会しました。リカバリーめざしてともに頑張る仲間があちこちにいると思うと心強いですねo(^▽^)o。

合同面接会 看板

 合同面接会については、このブログでも以前の記事が書かれているので、そちらもぜひご覧ください。

2019年9月度 合同面接会

 今年は暖冬で雪も少なかったのですが、この日は朝少し雪もチラつき寒い!多くの企業との「出会い」の場ですが、なんせ人も多いし緊張感は半端ないです。いい出会いになるとよいのですが…。就職という暖かい「春」を待つことにします(。-_-。)!

合同面接会場からの風景


 記事の内容に共感いただけたら下記の「拍手」ボタンをポチっとしてね!SNSでの拡散も大歓迎!
プロフィール

アステップむろまち

Author:アステップむろまち
アステップむろまちのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそアステップむろまちへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR