FC2ブログ

自己管理を学ぶ大切さ

自己管理フリー

こんにちは、アステップむろまち・メンバーのNです。

新型コロナウイルス感染症が大変な事態になってきています。アステップむろまちやまるいクリニックのデイケアに関わった行事やイベント、基本実習なども中止や延期になったものが出てきました。ニュースを見聞きしていても、スポーツやコンサートなどが中止や延期になったりしています。アステップの施設内も消毒用のアルコールを増やしたりして、みんな気をつけていますが、就職活動のイベントやセミナーも中止になったりしてきて心配です。何とか感染拡大が治まることを祈っています。

「手洗い、アルコール消毒、うがいを外出して帰ってきたら必ず行う、それをするまでは手を口や鼻につけない」-これも大事な自己管理の一つです。

障害や病気を持ちながら、長く働き続けようとすれば、一層この「自己管理」が、色々な場面で求められてきます。アステップでは、企業へ実習に行く際、「プロフィールシート」をつくったり、面接時には履歴書とともに「ナビゲーションブック」を添付したりしています。これらは、自らの症状や障害を把握して、調子の悪い時はどう対処したり工夫するか、支援機関や相手先の企業からどういう支援や配慮が必要か、などをまとめた、ちょっとした「自分の取扱い説明書」の一部です。

 私Nで言えば、「大きな物音、感情的な怒鳴り声」にすぐ反応が出て硬直するときがあります。また、背後に立たれたり後ろから肩に触れられると人よりビクッと反応したりします。一言でいうと「ビビり」ですね。また、新しい環境や作業になれるまで、緊張でカチンカチンになるということもあったります。そのときに、私で言えばちょっと場所を移動して一人で静かに落ち着き深呼吸したり休憩する、ちょっとストレッチしたりする、おやつを食べるなどの対処法をまとめています。

私もそうした配慮をもらって実習する中で、全く初めての業種(介護)でも、「がんばっていますね」と、相手企業さんのスタッフから褒めてもらいました。「いまの自分でもいいやん」と自分をホメることができる場面が積み重なって働き続ける自信につながるのかなあ、と感じています(。-_-。)。
 
 アステップでは、「障害への対処」にとどまらず、さらに自分の個性や特長を生かして、どんな仕事にマッチングするのか、自分の内面についても深く研究したりもしています(自己理解プログラム)。さらにWRAPと呼ばれる「良い感じの自分」をめざす「自分の取扱説明書」もあります。私もこれから長期実習に入ることになりそうですが、せっかく作った「トリセツ」を活かして頑張っていきたいですね(^∇^)ノ。

小さな滝


もちろん、自分の「良い感じ」維持したり、悪くても悪いなりに対処しようとしても、生活していれば自分だけでなく周囲の環境の変化もあります。その変化によってストレスはつきものであり、どうストレスと上手く付き合っていくのか、その対処法について学び、実践することも職場で長く働く為に大切です。アステップでは毎週金曜日午前中に就労支援プログラムの一環で「ストレスマネジメント」というプログラムを行っています。
28日金曜日は、未来の精神保健福祉士めざす実習生のMさんが、3週間の実習の成果を活かすべく講義・進行役をしてくださいました。
 
 最低限の情報で、YES、NOでこたえられる質問を質問者に投げかけ答えを導きだす「なぞなぞ」を2問、1~52のカードを自分が引いた分は自分で見えないようにして他者に見えるようにして、ジェスチャーで小さい数字から並び直す、といったゲームをやりました。最後は、きれいにみんな並んで拍手!「なぞなぞ」もさすが頭を使う問題で、よい気分転換になりました(^∇^)。

 誰でも働き方によっては、健康な方でも途中で障害や病気を持つことはあり得ます。障害や病気と付き合いながら適切な支援を受けて働くという事は、結局多くの人にとって働きやすい職場につながります。そういう意味で支援者の立場にたつ方もたくさん必要です。Mさんは「少しでも利用者のみなさんに楽しんで頂ければ」との感想をおっしゃっていましたが、こういうパワフルな人が支援者になってくれると心強いなあ!と思いました(*^_^*)。

 記事の内容に共感いただけたら下記の「拍手」ボタンをポチっとしてね!SNSでの拡散も大歓迎!
スポンサーサイト



休みの過ごし方!

有休


こんにちは、アステップむろまち・メンバーのNです。暖かくなったり、寒くなったりよくわからない気候が続きますが、みなさん体調くずしたりしていませんか?

巷では、新型コロナウイルスの問題で、あちこちのスーパーでマスクが売り切れたり、アルコール消毒が呼びかけられています。また、各所で外国人観光客の数が明らかに減っています(*゚Q゚*)。

kiyomizu


先日、アステップむろまちではスポーツプログラムとして清水寺にウォーキングに出かけました。ここに実習にきていたメンバーさんに聞いても明らかに観光客が減っている、とのことでした。この日も残念ながら、雨がパラついたりしてすっきりしない天気でしたが、工事中の「清水の舞台」を間近で観て、「お-!」とみんなで歓声をあげておりました。みんな就職が決まる頃には工事は終わっているかな?その時は、また、お休みの日にも来てみたいですね(#^.^#)。

アステップむろまちでは、訓練の一環として「有給休暇」をとるというものがあります。訓練生とアステップは労働契約ではないので正確には「有給」という言い方はおかしいのですが、実際に会社に勤めだしたときに権利として発生する有給休暇を仕事の状況もみながら、自ら判断してきちんと予定を組んでとろうというもので訓練の一環です。アステップむろまちでは、冬季は12月と1月の間に3日間取ることができます。

どうしても、有給休暇というと、インフルエンザにかかったときなどのために貯めて置いたり、転職で前の職場を辞める時にまとめてとったりしがちだし、それも考え方の一つだと思います。が、しかし本来仕事を長く続けようとしたら、どうしても休みをとり、余暇を充実して過ごすことも大事なことです。

 同時に、休みの予定を組むために、職場の事業や他の社員の業務遂行に迷惑をかけないようなお互いの配慮も必要になります。もちろん病気などで体調崩したら仕方がない面もありますが。ちなみにアステップむろまちでは、ルールとして事前に伝える(風邪をひいて休んだからあとからその日を「有休」扱いにするのはなし)、アステップの訓練生が複数のメンバーのチームで行う基本実習に入っている日は控える、などのルールを定めています。

私は、1月末に有休を頂き、その日は卓球をしてきました。結構充実した過ごし方ができたかな\(^o^)/。

kiyomizu1


1月2人の卒業生!新しいプログラムはじまる!

1月セレモニー


こんにちは、アステップむろまち・メンバーのNです。

 早いもので1月ももう終わろうとしています。アステップむろまちでは、この1月新たに2人の卒業生を送り出しました。様々な困難を抱えつつ就労に向けてみんな頑張っているので、やはり仲間の就職・卒業をお祝いするのが一番嬉しいことですね!(^^)!。


present2



 アステップむろまちでは、支援プログラムとして、午後少人数制プログラムを行っています。この1月からは新たに月曜日の午後に「認知行動療法プログラム」、水曜日の午後(隔週)に「メモ取り道場」を行っています。今回は「メモ取り道場」についてご紹介します。

メモ取り道場は、仕事を覚えていくうえでとても重要な、メモの取り方や作業マニュアルの作り方について学ぶ道場形式のプログラムです。

まっ、それで、じゃあ実際参加してみてどうやねん?ということなんですが、う~ん、なかなか奥が深い!アステップ一厳しい?ともっぱらの評判のスタッフから、1回目は人間の「記憶」のメカニズム、「メモ」のそもそも論から解説!忘れやすい短期記憶をメモによって補完すること、メモは記憶を補助し、情報を伝達する目的で作成すること、実際にメモを取る上でのポイントの説明がありました。   

私Nも参加して、メモを取る上での自分の工夫は、早く書けてよく分かる文字としてアルファベットを時々使う事(例えば、わたし=I、仕事=workなど)を発言しました。また、最近手帳の最後の方のページでマス目になっているものが多いけど、みんなどう使っているのかな?と質問しました。マス目は「地図や記号を記すのに便利ですよ」と他のメンバーさんから教えてもらったり、些細なことですが他の人はどうしているのかな?と思いつつも普段言ったり聞けなかったりしていることを交流できました。

講義のあとで実際に、スタッフさんが「かぐや姫」の昔話を読み上げ、メンバーがメモを取ることを実践してみました。登場人物は誰がいたかとか、かぐや姫とどういうやりとりをしていたか、とか意外とこれが大変。何度も経験するしかないのかな、とも思いましたが、最後にスタッフさんから、メモを取る上で大事なことは全部書けなくても最後まであきらめないこと、そうすれば書けるだけ書いたうえであとで何が分からなかったか聞くことにつながる、とアドバイスを受けました。う~ん、な~んて優しい言葉!(^^)!

これから「メモ取り道場」のプログラムはまだまだ続くので楽しみです\(^o^)/!

memo用紙

ライフハック(5) 一人暮らしで生活リズムを守り楽しく!(その1)

一人暮らし1

こんにちは、アステップむろまち・メンバーのNです。

今回は、年末年始のお休みが長かったですねえ~!1月は三連休もありましたし。一人暮らしだと、この時期の休みは自由にできる面もありつつ、一人で過ごす時間も長くなってしまったりもします。とくに年末年始は図書館や体育館など多くの公共施設がお休みになってしまうので、ついダラダラとスマホやテレビを見てしまったり…( ノД`)。

そんな私のため(。-_-。)?というわけでもないでしょうが、アステップむろまちの14日の社会生活力プログラムは「体内リズムその1」と題し、「体内リズムの乱れ=生活リズムの乱れ」と指摘して、乱れの原因や影響について勉強しました。
(注:「社会生活力プログラム」就労を継続していくために大切な、余暇の過ごし方・食生活・身だしなみ・金銭管理などの生活面について考えるプログラム)

人間は「朝浴びる太陽の光によって体内時計を調整し、そこから体全体のリズムを整えていく」とのことです。そして「栄養バランスの整った朝食の刺激が良い」「朝日を浴び、朝食をとり、1日の活動をスタート…というリズムが体の調子を整えているからこそ、朝食抜きといった生活リズムの乱れが眠りの問題、ひいては心と身体の健康状態を左右する」とのお話は、私をはじめ少なくないメンバーにとっても耳の痛い話だったのではないでしょうか(。-_-。)。

プログラムの感想でも「朝食を抜いたりすることもあったけど、ちゃんと食べないといけないな」との声も寄せられました。

一人暮らしだと、風邪を引いたりなんかしても、食事は自分で準備しないといけないし、食事しないと余計に治りません。

一人分の料理をつくるのはどうしても食材が余ってしまったり、同じおかずを食べ続けないといけなかったりします。だからといって外食や買ってきたお惣菜やインスタントやレトルトばかりだと結構お金もかかってしまいます。

それで私がしているちょっとした工夫はというと、食材(とくに野菜)を上手に保存して長く使えるようにすることを心掛けています。

よくやっているのは、スーパーの「見切り品」野菜を買ってきて、すぐ下処理して冷凍保存すること。正月明けなどとくにそうでしたが、小松菜やほうれん草、しめじ、アスパラ、ブロッコリー、ゴーヤなど結構見切り品が出るので、買ってきたらすぐ塩ゆでしたりして刻んで冷凍しておきます。

ちなみに容器はというと、通院時に処方してもらった薬がなくなったら、薬の入っていたビニール袋をきれいにしてフリーザーパック替わりに使ってこれらの野菜を保存しています。袋はチャックもついていて便利です。そうしておけば、料理するたびごとに少しずつ出して使うことができるので節約になり、食材も腐らさずにすみます。

それで朝食やお弁当用にささっとサラダをつくったり、みそ汁やスープに入れたりしてます。なるべく節約しつつ必要な栄養を取って就労に備えたいものですね(^-^)/。

みなさんが工夫していることは何ですか。良かったら教えてくださいね。

食材1

なお、これまでのライフ・ハック(日常生活を便利にするワザ)のバックナンバーは以下のとおりです。

1)日常は登山である

2)映画館に行こう

2.5)映画の見方

3)図書館に行こう!

4)冬こそプールに!

断る練習

こんにちは、メンバーのTです。最近のマイブームは「地獄の吹き戻し」(いわゆるピーヒャラと呼ばれるおもちゃ)です。地道な肺活量トレーニングの成果(?)で、近頃は10個以上の「頭」を同時に吹き伸ばせるようになりました。ため息つくぐらいなら、その呼吸で吹き戻しピーヒャラしたほうがよっぽど楽しいですよ! おすすめです。

さて、アステップのプログラムでは、職場でのコミュニケーションを想定して、ロールプレイをすることがあります。これはひとりではできないので、貴重な練習機会です。

以前、こんなロールプレイをしたことがありました。
【上司から頼まれたことを断る】がテーマです。
1.「本当はNoと言いたいのに断れない人の答え方」
2.「攻撃的にNoと言う断り方」
3.「相手を傷つけず、自分もつらくならない、上手な断り方」
それぞれが上司役、本人役を交替で演じ、各パターンのセリフを声に出して言います。

1の演技は難しくありません。セリフが一番短いからです。「はい……」と言うだけです。
実際、会話では「言いやすいセリフ」を言ってしまいがちですよね。たとえばカフェやレストランで注文するとき、読み方が分からないメニューや発音が難しいメニューを避けてしまう……という経験ありませんか? 私も一時期、発音しやすいメニューばかり頼んでいたら、「それ好きなんだと思ってた」と誤解されていたことがありました。
「この仕事できる?」「これも暇なときやっといてくれる?」「今日残業してくれる?」と言われたとき、カドを立てないように断るのは難しいものです。「はい、分かりました」と言ってしまえば、その瞬間は楽です。でも、あとのことを考えると……。本当に引き受けて大丈夫でしょうか? 無理を重ねて、体調を崩さないでしょうか?
「残業好きなんだと思ってたよ!」なんて言われたら……どうでしょう?

2の「攻撃的な断り方」は意外と難しく、苦戦する人が多いようです。NGな例の演技なのですから、思いっきり攻撃的になってよいのですが、実際にロールプレイしてみると、
「今日残業いい?」「……すみません……」と気弱になってしまったり、
「今日残業いい?」「あ……はい……」と思わずOKの返事をしてしまったり、なかなかうまくいかないこともあります。
が、気の弱いタイプの人は、ここで思い切って「いやでーーす!!」「無理に決まってるでしょ!?」というふうに感情的なNoを言うパターンを練習しておくと、「そうだ、私は断固Noと言うんだ」と自分の中で強い気持ちが持てるので、3の「上手な断り方」につなげやすくなります。

3の答え方は一番理想とされる答え方です。「クッション言葉」、「Noの意思表示」、「理由」、さらに場合によっては「代替案」を組み合わせた、高度なセリフ回しになります。これがさらりと言えれば苦労はありませんが、なかなか難しいですね。少しずつ練習していきましょう!

アステップの日常の中にも、練習するチャンスはあります。
たとえば、「今日だけ〇〇の実習行ってくれる?」「この荷物持って降りてくれる?」「お客さんにお茶出し頼める?」と言われたら……。何事も訓練なので基本的には引き受けるのが望ましいですが、正当な理由があればもちろん断ることができます。(何が正当な理由にあたるのかはケースバイケースですが……)
また、他のメンバーやスタッフの受け答えを見聞きしていると、「なるほど、そういうふうに言えばいいんだな」と参考になることもありますよ!
プロフィール

アステップむろまち

Author:アステップむろまち
アステップむろまちのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそアステップむろまちへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR