FC2ブログ

断る練習

こんにちは、メンバーのTです。最近のマイブームは「地獄の吹き戻し」(いわゆるピーヒャラと呼ばれるおもちゃ)です。地道な肺活量トレーニングの成果(?)で、近頃は10個以上の「頭」を同時に吹き伸ばせるようになりました。ため息つくぐらいなら、その呼吸で吹き戻しピーヒャラしたほうがよっぽど楽しいですよ! おすすめです。

さて、アステップのプログラムでは、職場でのコミュニケーションを想定して、ロールプレイをすることがあります。これはひとりではできないので、貴重な練習機会です。

以前、こんなロールプレイをしたことがありました。
【上司から頼まれたことを断る】がテーマです。
1.「本当はNoと言いたいのに断れない人の答え方」
2.「攻撃的にNoと言う断り方」
3.「相手を傷つけず、自分もつらくならない、上手な断り方」
それぞれが上司役、本人役を交替で演じ、各パターンのセリフを声に出して言います。

1の演技は難しくありません。セリフが一番短いからです。「はい……」と言うだけです。
実際、会話では「言いやすいセリフ」を言ってしまいがちですよね。たとえばカフェやレストランで注文するとき、読み方が分からないメニューや発音が難しいメニューを避けてしまう……という経験ありませんか? 私も一時期、発音しやすいメニューばかり頼んでいたら、「それ好きなんだと思ってた」と誤解されていたことがありました。
「この仕事できる?」「これも暇なときやっといてくれる?」「今日残業してくれる?」と言われたとき、カドを立てないように断るのは難しいものです。「はい、分かりました」と言ってしまえば、その瞬間は楽です。でも、あとのことを考えると……。本当に引き受けて大丈夫でしょうか? 無理を重ねて、体調を崩さないでしょうか?
「残業好きなんだと思ってたよ!」なんて言われたら……どうでしょう?

2の「攻撃的な断り方」は意外と難しく、苦戦する人が多いようです。NGな例の演技なのですから、思いっきり攻撃的になってよいのですが、実際にロールプレイしてみると、
「今日残業いい?」「……すみません……」と気弱になってしまったり、
「今日残業いい?」「あ……はい……」と思わずOKの返事をしてしまったり、なかなかうまくいかないこともあります。
が、気の弱いタイプの人は、ここで思い切って「いやでーーす!!」「無理に決まってるでしょ!?」というふうに感情的なNoを言うパターンを練習しておくと、「そうだ、私は断固Noと言うんだ」と自分の中で強い気持ちが持てるので、3の「上手な断り方」につなげやすくなります。

3の答え方は一番理想とされる答え方です。「クッション言葉」、「Noの意思表示」、「理由」、さらに場合によっては「代替案」を組み合わせた、高度なセリフ回しになります。これがさらりと言えれば苦労はありませんが、なかなか難しいですね。少しずつ練習していきましょう!

アステップの日常の中にも、練習するチャンスはあります。
たとえば、「今日だけ〇〇の実習行ってくれる?」「この荷物持って降りてくれる?」「お客さんにお茶出し頼める?」と言われたら……。何事も訓練なので基本的には引き受けるのが望ましいですが、正当な理由があればもちろん断ることができます。(何が正当な理由にあたるのかはケースバイケースですが……)
また、他のメンバーやスタッフの受け答えを見聞きしていると、「なるほど、そういうふうに言えばいいんだな」と参考になることもありますよ!
スポンサーサイト



毎月恒例の計算

こんにちは。メンバーのTです!

今日は、アステップ毎月恒例の一大行事、「基本手当計算シート」についてご紹介します。
アステップでは、出席した日数や実習に行った回数などに応じて「基本手当」というものが支給されます。「工賃」と呼ばれることもありますが私はこの言い方はあまり正確ではないと思っています。なぜなら、基本手当はアステップの活動に参加したことに対する手当(補助)であって、仕事に対する報酬ではないからです。

出席日数は原則としてタイムカードをもとにカウントします。
月が変わると、各自のタイムカードを両面コピーした紙と「基本手当計算シート」が配られます。まず、このコピーする作業が結構大変で、なかなか時間と手間がかかるのです……今は誰がこの係をやっているのか存じませんが、いつもありがとうございます!

そしてここからはメンバー全員が、それぞれ自分で計算をしなくてはなりません。
丸一日参加した日が何日……
半日参加の日が何日……(丸一日参加の半額になります)
長期実習が何日……
体験実習が何日……
掛け算して、足し算して、そこから積立金(行事や備品代などの共益費)を引いて、合計金額を書くところまで自分でやるのです。
もちろん電卓を使ってOKです! むしろ己の暗算能力を過信しないほうがいいので、時間はかかってもていねいに計算しましょう。

全員がこの計算シートを提出して初めて、基本手当を支給することができます。

基本手当を受け取るときは、金額を確認し、領収書にハンコを押して返します。領収書は、希望すればコピーして控えを持ち帰ることができます。
実は私は最初、コピーを取るのがめんどくさくて領収書は持ち帰らなかったのですが……、お金に関する大切な記録だからと思い直して、途中から保管するようになりました。いずれ就職して「給与明細」を受け取るようになったら、それは一層大切なものですから、今のうちから書類を保管する習慣をつけたいと思います。
プロフィール

アステップむろまち

Author:アステップむろまち
アステップむろまちのブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそアステップむろまちへ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR